当サイトは、1980年代に制作された美少女アニメシリーズ『くりいむレモン』の一篇
SF超次元伝説ラル』と、続編である『超次元伝説ラルU』とを扱っています。

現在のアダルトアニメでは定番になった「触手陵辱」の元祖と言われる作品ですが、
制作されて20余年を経た今日でもなお、根強いファンがいる名作でもあります。

ここではその『ラル』のキャラクターたちを、できる限りオリジナルに近いイメージで
新しいイラストに起こし、劇中シーンのイメージを広げたり補完したりしております。


今なお『ラル』が好きな方、自分なりの『ラル』のイメージをお持ちの方。
当サイトにて古きよき『ラル』に思いを馳せ、ぜひご意見ご感想などお寄せ下さい。


それぞれのアイコンをクリックすれば、紹介ページが開きます。






最新の更新

 
2020/10/17 アーリー2ユリア」に「仮想アーリーユリア4」を追加

履歴





掲示板です

                                 


●簡単な作品紹介●

『SF超次元伝説ラル』

宇宙のどこかにある惑星ラルに、侵略の魔の手を伸ばす悪しき魔法使いラモー・ルー。
運命に導かれるまま伝説の剣「リバースの剣」を手にした少女剣士キャロンは、ラモーの
侵略からラルの世界を守るため、そして囚われた王女ユリアを救うために立ち上がる。
果たしてキャロンはラモーを倒す事ができるのか?そして彼女に秘められた秘密とは?

・登場人物・

キャロン
本編の主人公。村の少女だったが、実は伝説の剣士となる運命を持った真の王女。
リバースの剣を携え、ラモー・ルーを討つべくペルルと共に戦いを挑む。
ペルル
キャロンよりも前にラモーと戦おうとした少年剣士。ラモーの魔力によって小さな竜に
姿を変えられていた。リバースの剣をキャロンに託し、彼女と共に戦う。
ユリア
ラモーに囚われたラルの王女。リバースの剣の在処を訊き出そうとするラモーによって
執拗な陵辱を受け続けていた。実は真の王女(キャロン)の替え玉であった。
ライケ
王族の第一衛士を務めていた、凄腕の剣士。囚われたユリアを救い出すために奮闘。
剣士になったばかりのキャロンを助け、彼女に道を示す。
ラモー・ルー
ラルの星を手中に収めんとする、邪悪な魔法使い。女性の愛液を吸うことで強大な
魔力を発現する。己を倒さんとするキャロンの肉体をも狙い、暗躍する。


『超次元伝説ラルU』

キャロンの手でラモーが滅ぼされてから3年後。平和を取り戻していたかに見えたラルに、
復活したラモーの影が迫る。その事実を察したキャロンは危機を伝えるため村へ向かうが、
途中、ラモーに憑依された村の青年マリオによって犯され、彼の魔力の虜となってしまう。
淫蕩な女性になってしまったキャロンは、剣士に戻ることができるのか?ラルの運命は…?

・登場人物・

キャロン
本編の主人公。3年間に、剣士としても女性としても成長した。復活したラモーの
憑依したマリオに犯されて魔力の虜となってしまうが、正気を取り戻して決戦を挑む。
ペルル
ラモーが倒れたことで呪いが解け、人間の姿に戻ったキャロンの恋人。実はゴモロスの
神官となる運命を持っていた。キャロンと共に、再びラモーに戦いを挑む。
ユリア
村娘に戻って平和に暮らしていたが、復活したラモーに夜ごと夢の中で犯され、いつしか
彼の性奴と化していた。村の男たちに自分を抱かせ、全員をラモーの傀儡に変える。
サラ
黒騎兵に襲われた村で巫女をしていた少女で、廃墟に取り残されていたところをキャロンと
ペルルに救われる。ペルルが神官の血統である事を知り、彼を神殿に導く。
ライケ
ユリアと相思相愛の仲になっていた、元近衛兵の剣士。ラモー復活を察して調査に赴き、
洗脳を免れる。キャロンとペルルを助け、操られた村人やラモーと戦う。
ラモー・ルー
3年の時を経て復活した、邪悪な魔法使い。かつて自分を倒したリバースの剣と、
その使い手であるキャロンの肉体を自分のものとするため、暗躍する。
マリオ
ライケの友人で、村の青年。ユリアに誘惑され、彼女を抱いた事でラモーに憑依される。
森の中で捕らえたキャロンを犯し、魔力によって彼女を淫蕩な女に変える。
ルーク
キャロンの育ての親の老人で、村の長を務めている。ユリアの実の祖父でもある。

                                                  

-mail-

rallcaron★gmail.com

(★を@に変えて入力)