アニメ本編におけるワンシーンを、一枚絵として描き直すシリーズその2。
『淫獣学園2 La☆BlueGirl』より、鈴鹿衆の忍である乱丸に隙を突かれ、そのままレイプされたシーンです。

作画的に言えば「安定していなかった」1作目に対し、この2は「ヤケクソ気味に暴走していた」という印象です。巫女のディフォルメや
崩れ顔がやたらに多いのも特徴。それでもシチュエーションやそれぞれの淫術の奇天烈さ、エロさなどにおいてはシリーズ屈指です。


詰めの甘さばかりが印象に残る乱丸。しかし色魔淫界までやって来た本来の目的は「美童巫女とセックスをする」事であり、それ自体は達成しています。
みゆを襲った時も人違いに気付いて未遂で済ませており、あくまでも狙いは巫女のみ。ある意味ストイックと言える姿勢もまた、このキャラの魅力です。
逆転されたものの、その直前までは巫女も彼女のテクになす術もなかった様子。しっかり挿入も果たしていた事も考えると、つくづく惜しい展開でした。

オリジナルイメージはこちら。直前の挿入シーンからの流れが省略されているのが、実に残念です。