ここでは、623さんから頂いた『ラル』の短編小説を紹介します。

背徳の交わり、売春窟での終わりなき陵虐の宴、幼い身に刻まれる快楽の調教…と、
多彩なシチュエーションでキャロンが、そしてユリアがその心と体を蹂躙されていきます。

重厚な筆致の陵辱劇をお楽しみ下さい。


―背徳の関係〜決壊〜―

―重ねられる逢瀬―

―悪夢の堕天―

―淫窟の魔手―

―淫毒の爪痕―

―「元」王女の堕落―

―忌わしき記憶〜初めての絶頂〜―

―幻の初夜―

―邪悪なる肉棒〜復活の生贄〜―


―邪悪なる肉棒〜謝肉祭〜―

―ラルVif〜汚される絆〜―

―背徳の王女〜another end〜―

―村人の輪姦〜王女の誤算〜―

―淫夢の呪縛〜鏡の中の王女〜―

―ラルUif〜少女の誘惑〜―

―BAD ENDその1 〜蜜奴隷の烙印〜―

―歪められる心〜闇の眼差し〜―

―濡れる再会―

―侍女たちの憂鬱―

―もうひとりのキャロン〜放蕩王女の誕生秘話〜―

BADENDの後〜囚われの剣士〜―

―遠き日の微熱―

―再誕の刻―

―地下室の秘め事―

―昼の花嫁、夜の花嫁―

―邂逅の森―

―傀儡の縛糸(表)―

―傀儡の縛糸(裏)―